忍者ブログ
その氷像に用がある
2017 . 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • プロフィール
    HN:
    RIFRAF
    性別:
    非公開
    職業:
    元・悪魔超人
    趣味:
    竜巻地獄
    自己紹介:
    阿修羅面「怒り」と「冷血」の間に
    「GK川島のドヤ顔」を入れるだけの
    簡単なお仕事です
    メインパーティ
    うにくろく
    最新コメント
    [12/07 ふぁすてぃ]
    [12/06 Galatia]
    [12/04 つぁ]
    [12/04 りふ]
    [12/02 Galatia]
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


    引越しに向けて使ってないゲーム機をアキバでまとめて売りました。
    Nintendo64、Satarn、Dreamcast、旧XBOX及びそれらのゲーム。
    それと長年押し入れの肥やしになっていた鉄騎コントローラも。

    総額しめて4000円。
    ゲームハード4つもあるのに・・・
    鉄騎コンが欠品で3000円も安くなってがっかり。
    一番高かったのが64のゲームソフト「罪と罰」=1000円だったのがなぁ。

    しかし何よりもショックだったのが、
    なぜかサターンの箱の中にエロ画像が山ほど詰まったCD-Rが入っていて
    「こちらはお引き取りできません(ニコッ」って返却されたことだな!



    最近部隊に短剣の割合が増えたので、短剣起点で部隊がまとまって動く事ができている気がします。
    まだエル部隊のようにはいかないですが、意識を統一できるだけでかなり動きは変わってきたかと。

    ただみつぁさんの日記にあるように、部隊で動くと個人の成績は落ちてしまう事が多いんですよね。
    「もう1Killしても逃げられる!」って判断しても、部隊から撤退指示が出るときもありますし、
    部隊の動きに慣れてしまって腕が鈍る事も考えられます。

    しかし、高PSの野良が何人集まっても、同数の(もしくはそれより少ない)中PS部隊が
    まとまって動く事で簡単にひき殺されてしまうのが今のA鯖FEZ。
    戦術を効率的にすることで、単体の性能差を平均化し、1+1を2以上にしているわけです。
    「戦争」に勝つ為にはある程度の部隊行動は必要だと思います。


    と、こう書くとPSを否定しているように見えますが、PSの向上は当然必要です。
    高PSの部隊がまとまって動く事程強いことはないわけですから。

    部隊の動きで勝利しても、個人のPSと混同せず謙虚に反省することが大事ですね。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    大根の桂剥きすると多分集中力UPするお(´・ω・`)
    まぁ確かに良Pの野良が50人集まっても50人の部隊には勝てない・もしくは僅差負けすると思うけど、野良だろうが部隊だろうがお互いの意思疎通(コミュとか勝つ為に何をすれば良いかっていう意識?意思?)が大切と思うの。

    文章能力無くてごめんねミ☆
    Galatiaさん / 2010/01/26(Tue) /
    無題
    がらさん
    その通りですね。
    野良でそれが出来るのがベストですし、
    ましてや部隊というものに所属してるわけですから、
    もっと色々と話せれば良いと思います。
    りふさん / 2010/01/27(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ゴルドスと24のゴーレムが箱入りで! HOME 建設的にやりませう
    Copyright © カタテジカケ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]