忍者ブログ
その氷像に用がある
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • プロフィール
    HN:
    RIFRAF
    性別:
    非公開
    職業:
    元・悪魔超人
    趣味:
    竜巻地獄
    自己紹介:
    阿修羅面「怒り」と「冷血」の間に
    「GK川島のドヤ顔」を入れるだけの
    簡単なお仕事です
    メインパーティ
    うにくろく
    最新コメント
    [12/07 ふぁすてぃ]
    [12/06 Galatia]
    [12/04 つぁ]
    [12/04 りふ]
    [12/02 Galatia]
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    コミュニティというものは、とても楽しいものです。
    多くの人達が集まり、様々なことを達成し、共感したりすることは
    一人で体験するよりも、より大きな感動を得ることができます。

    コミュニティというものは、とても脆いものです。
    多くの人達が集まることで、違う価値観がぶつかり合うわけですから、
    ややもすると身動き取れなくなり、コミュニティ自体が崩壊してしまいます。

    そもそもコミュニティと言うものは幻想の塊です。
    個人個人が「こういう風にこういう事をやるんだな」というような、
    ボンヤリとした思いを抱えて集まったものでしかありません。

    それをできるだけ崩さないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

    「国」という大きなコミュニティでは、「法律」という価値の大原則を作りました。
    しかしそれは戦争や政治の長い歴史に積み上げられた、
    共通の認識と強制力があってこそ出来ることです。

    私達が作ることのできる、小さなコミュニティでは、お互いが平等です、
    当然、誰に対しても強制力はありません。
    そんな小さなコミュニティで、価値観のギャップを埋めていく為に必要なもの。

    それは「優しさ」だと私は考えています。

    「優しさ」があれば、相手を思いやることができます。
    相手を思いやることが、ギャップを埋める最も効率のいい手段です。

    「優しさ」と「厳しさ」は相反するものではありません。
    しかし真意が受け取られなければ、ギャップは広がるばかりです。

    普段は見えない、個人個人の小さな優しさの積み重ねで、
    なんとかコミュニティは形を保っているのです。

    それでは「優しさ」の源は一体何か?
    「この人達と一緒にいたい」という気持ちです。

    もし、そういう気持ちを一切持てないのならば、
    その人にとって、そのコミュニティは苦痛でしかないのでしょう。

    もし、少しでもそういう気持ちを持てるのであれば、
    「優しさ」を持つことは必ずできるはずです。

    そして、「優しさを持とう」という意思は、その人の人生のどのシーンにおいても
    必ず役に立つと私は思います。

    長くなりましたが、とても残念な事が続いているのでちょっと書いておきました。

    少なくとも今回の件に関わった人達は「あなたにいてほしい」という気持ちで動いていたと思います。

    また、それに伴って、勢いで飛び出していった方もいますが、
    心の整理がついたら、事の顛末を聞きに来ていただけるととてもうれしいです。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    溜まり場の看板 HOME ガドブレ恐怖症
    Copyright © カタテジカケ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]